2007年03月01日

どの不動産仲介業者に依頼する??

不動産といっても新築戸建から新築マンション、中古戸建、中古マンション、土地、タウンハウス、収益物件など様々な物件がありますね。

投資用物件もワンルームマンションや一棟売アパート、一棟売マンション、ビルなど様々な物件があります。

一般的に不動産仲介業者は紹介する物件にそれぞれの特徴があり、新築一戸建、建売を得意として仲介しているところや、土地、中古物件などを得意とするところ、収益物件を得意とするところなど様々です。

仲介業として、どの物件も扱えるのですが、物件情報を仕入れるスピードが各社とも違うのです。

未公開物件といわれているものがそのひとつで、売主が不動産業者の物件でいえば建売業者やアパート業者などは自社で仕入れた物件の情報をどこの仲介業者に紹介すればはやく売れるのかを考えます。

もちろん、実績としてよく売ってくれる業者に紹介するほうが売主としてもメリットが大きいと考えます。

未公開物件で本当に良い物件はインターネットなどの情報サイトに出回る前に決まってしまう傾向にありますね。

売主が一般の方の売却物件、中古物件などはやはり大手不動産業者に売却依頼をお願いする方がとても多いので、中古マンションや中古戸建などは大手の不動産業者の方が圧倒的に物件情報は多いです。

大手だからといってどの物件も情報がはやいと思っていると一概にそうとも限りません。

各仲介業者の特徴をよく理解した上で物件の紹介をしてもらいましょう。

応援クリックお願いします!!
不動産投資についてはこちら!!人気blogランキングへ
posted by realestate-man at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。